You are here: Home > >

アルバイトの家庭教師からのプレゼント

不二男君が家庭教師をしていると聞いて 彼の高校時代を知る仲間は一同ぶっとんだ。

だって、不二男君は高校生の時、リーダーの時間にLUNCHをルンチと読んで教室のみんなを爆笑させ、先生を打ちのめした人である。

その不二男君が こともあろうに 高校生女子に 英語を教えていると言う。

オマケに彼女は 来年大学受験を控えた高校3年生であると言う。

その場にいた仲間の誰もが その教え子と、不二男君にアルバイト料を支払っている親御さんに ルンチの件を密告しようかと 一瞬、正義感に燃えた。




不二男君を含め、我々は 六大学の経済学部の学生だが、高校からのエスカレーター組なので、大学受験の苦労を知らない。

不二男君は英語が出来ない分、数学が出来て、それで点数を稼げて希望の学部への推薦はすんなり決まった。

今彼が家庭教師をしている女の子は 彼女の母親が不二男くんの母親の友達だから彼を家庭教師のアルバイトに雇ったそうだ。

六大学なら 女子高生に英語を教えるくらい 朝飯前だろうと思ったらしい。

真偽の程は別として、六大学の信用は絶大である。




クリスマスの夜のこと。

受験生にはクリスマスも正月もない、最後の追い上げの時だ。

家庭教師の不二男君も、アルバイトではあるが 何がしかの責任は感じており、教え子の最後の追い込みの出動要請に応え、出動した。

そこで不二男君は何をしたか。

黒い模造紙に針で無数の穴を開け、それを天井の電気の下に張って、ミニプラネタリウムを作ったのだ。

不二男先生から教え子へのプレゼント。

よく見ると 星で MERRY CHRISTMASと書いてある。

しかし、悲しいかな、不二男君が書いたので、CHRISTMASのTが抜けて、CHRISMASになってしまっている。

彼の教え子の受験は 大丈夫だろうか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans