You are here: Home > >

今話題なってきているスペシャリティコーヒー業界について、コーヒー豆の通販ガイド

現在の大手コーヒー専門店は、エスプレッソマシンを利用して、短い時間で圧縮された空気は、コーヒー液を抜き出す方法で手頃な価格の豆の味を隠すために強い火で炒め苦味を強調している。
しかし、新しい勢力となりそうなスペシャリティコーヒーは豆をゆっくりと焙煎、抽出しながら酸味と甘味が調和されるようにするのが特徴である。
スペシャルティコーヒーの登場は、大規模なコーヒー専門店にも影響を与えている。
今年3月の国内スターバックス一部の店舗では、ハワイやペルーなどの高度なコーヒーの起源で生産されている豆を使用した製品を披露した。
専用の座席に座りバリスタがコーヒー豆をひき、専用の機械でコーヒーを淹れてくれる。
コーヒーが落ちる間バリスタは豆の生産地や地域の特性をお客様に説明してくれる。
コーヒーの「ストーリー」まで載せて売るだろう。
国内コーヒーメーカーも続々とスペシャリティコーヒー製品を発表している。
スターバックスの関係者は、「米国ではスペシャルティコーヒーだけ売る専用店がドアをしまったことが無いほど反応が良い」と述べた。
しかし、差別化を口実に価格を上げる上述にすぎないという指摘もある。
30代のカフェ創業者は「「アメリカ?スペシャルティコーヒー協会」「ヨーロッパ?スペシャルティコーヒー協会」のように、それぞれの国のスペシャルティコーヒーの質を認証する団体がある。
その団体が発行する資格を取得するには、高額なライセンスが必要である。
味を強調したスペシャリティコーヒーが国内カフェ市場で長く生きられないという見方もある。
「カフェの成功要件のうちコーヒーの味は一部に過ぎない。
コーヒーを飲まない人に他の飲み物も出さなければならない。
高い費用を払ってまで一スペシャルティコーヒーを求める頻度も怪しい。
スペシャリティだけを強調するだけでは国内で生き残るのが難しい」と述べた。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans